安通溫泉飯店

花蓮花東縱谷の間玉里町安通温泉ホテル

全客室数
  38
アドレス
  花蓮縣玉里鎮
コンタクト
  TEL:03-8886108 FAX:03-8883108
安通温泉ホテルは台湾の中で唯一完全設備があるのホテルです。
きれいな温泉部屋以外、中華料理レストラン、露天風呂、大浴場、山乗る道路、カラオケ、駐車場などがある。ホテルの付近はほかの建物がないので、とてもきれいな景色が見える、朝と夜の景色は別々が感じている。もし、ここで温泉に入るなら、必ず、仕事で生活でお疲れをなくなるだろう。
安通温泉ホテルは花東縱谷の間にいる、美しい環境にいる、玉里町を離れる約八くらいキロメートル、この温泉は1903年に出口久米七さんという人を発見しました。
昭和5年時、日本政府は檜で日本警察庁で建物を建ておりました。1948年に玉里町の建物になった、でも、玉里町はその時費用がない原因で開発することができない。1973年ときに、民間の人は日本政府は檜で日本警察庁で建物を改修して続けるから、今の建物になった。
部屋名
ベッドタイプ
価格設定
特別オファー
詳しい
スタンダートルーム(二人部屋)
ダブルベッド*1
NT.5600
NT.2500スタート
溫馨二人部屋
ダブルベッド*2
NT.5600
NT.2500スタート
ファミリースイート(四人部屋)
キングサイズベッド*2
NT.8800
NT.3500スタート
デラックスルーム(二人部屋)
ダブルベッド*2
NT.6600
NT.3000スタート
三人部屋
NT.7800
NT.3500スタート
湯屋六人部屋
キングサイズベッド*3
NT.12000
NT.4200スタート
ホリデーフラット定義とチェックアウト時間
【平日、休日の定義】
★日暦正月休暇期間は割引価格が適用しません。
★平日40%OFF:3~6月:3~6月、10~12月の日曜日から金曜日
★特別期間307折:1~2月、7~9月の日曜日から金曜日
★假日8折:土曜日及び連休
★客室タイプに準じて朝食及び露天風呂利用券をお贈り致します
【平日、休日チェックアウト時間】
  ※平日入住時間:15:00   退房時間:11:00
  ※假日入住時間:15:00   退房時間:11:00
Care Service
    ★温泉区
    百年名湯の体験に歓迎致します。
    ご利用料金は料金表の参照を願います。
    ホテルの温泉施設は非常に多元的であり、合計四つのエリアに分かれています。露天SAP区、室内の男女混浴区、室内の個人風呂区及び星空が見える最上階スター温泉風呂区の四つがあり、多種多様の選択肢があります。温泉風呂では朝と夜の風景が異なります。春、夏、秋、冬と各自の風情があり、温泉好きの旅行キャ客で野外の山林で世の中からかけ離れた癒し気分のリラックスを十分に楽しんでいただくことができます。
    ★露天SPA区
    ホテルの温泉設備は露天風呂とSPAの機能を結合してあります。設備の種類は非常に多くあり、合計四つのエリアに分かれてあり、合計六つの池、それは熱水池、温水池、冷水池、重力水治療池、温泉プール池、腰掛の湯です。この他、13種類の機能異なる設備があります。公共施設は:サウナ室(蒸気型)、腰掛の湯、回転式マッサージシャワーヘッド、温水バブルマッサージベッド、SPA水柱(重力/段差あり)、冷水バブルチェア、座り湯(ジェットバス)、回転式スプレー・ヘッド、冷水足裏マッサージなどがあります。
    ★室内男湯、女湯
    和式の男湯、女湯は温泉好きな方々の最愛です。和式を真似た設計には更衣室、シャワーエリア及び腰掛の湯があります。室内には熱水池、温水池、冷水池があり、広々な空間は温泉に浸かってても圧迫感を感じません。また、花蓮と屏東の風景が満ちたワスレグサとアブラナを壁の絵とし、温泉に入られた時は視覚的な楽しさが増します。
    ★室内風呂、ファミリー温泉
    室内温泉区は二人用温泉風呂が6部屋と家庭用温泉風呂が二部屋あります。温泉は源泉から引き込んであり、そのままの温泉がホテル内で楽しめます。使用後は必ず流放し、絶対再利用しないので、きれいで衛生です。また、価格も経済的で親切です。
    ★最上階スター温泉風呂
    最上階温泉風呂は一般の温泉業者が温泉風呂を室内にしか設計しない、景色が楽しめない形式を転覆し、16部屋の独立した、広い視野がある露天風呂を設計しました。お友達と独立温泉風呂部屋を楽しむことができます。各部屋の設計スタイルは異なり、昼間から山の景色の抱擁されたような、夜は夜空いっぱいの星が付き添うような景色で温泉を楽しむことができます。
    ★登山歩道
    ホテルは登山歩道を設置しており、全長約600Mです。歩道の入り口から入り、階段を上ると春亭及び御風亭に到着します。台湾現地の本榕、糙葉榕、無患子、樟樹林、相思樹等があり、ヒゴロモや五色鳥など多種類の鳥生態が観賞できます。歩道の最高点は海抜約450M、朝方運動時にフィトンチッドを吸収するベストスポットです。
    ★ラウンジ
    マルチ機能のラウンジには床までとどく一面の窓があり、採光が非常に良いです。お友達と室内でおしゃべりしていても、虫と鳥の鳴き声が聞こえます。本施設は宿泊者のみ使用できます。
    ラウンジの使用時間:19:00-23:00
    ★日本式古跡
    日本統治時代(昭和五年、西暦1930年)に日本政府はここに一棟のヒノキを採用したに日本式建屋を建設し、当時の日本警察庁の招待所として使用していました。現在、日本式の畳建屋は文建会より歴史建築物に列してあります。安通温泉を訪れた旅行客は見学することができます。建屋は古くて優雅な趣が漂い、古を思う深い考えを起こさせる、安通を訪れた際には絶対見逃せない観光スポットです。
    ★休憩茶芸区
    二階には長い空中廊下があり、そこにある休憩茶芸区には3-5個のテーブルと椅子が置いてあります。全自動式の飲水機が設置されており、長年の経験をもつ師匠が特別に作ったデッキチェアがあります。午後の休憩の一時、花東縦谷の胸元に寝転がり、少し涼しい風にあたりながら、まったりしたリラックス休暇の気息が感じられます。
    ★生態園区
    マダラチョウの駅-安通温泉旅館
    台湾のムラサキマダラは冬に台東の大武溪谷に生息し、毎年3月から宜蘭に移動します。一番遠くて、新北市の龍洞まで到達し、その飛行距離は300Kmを超えます。世界中での唯一ともいえる大規模な越冬型蝶々が移動時に休憩、食事、そして体力を補足できゆ場所を設けるため、2934坪ほどの蝶々生態園区を計画し、建設しまいた。中では大量なクスクスヨウラクラン、ランタナ、トウワタ、冷飯藤等の蜜源植物雄を植栽しました。
ホテルのサービスと設備
使用上の注意
★予約日から三日以内にデポジットをお支払下さい。一部屋1000元です。デポジットの入金を確認した後に予約が確定され、客室を保留します。三日以内にデポジットをお支払頂けなかった場合、予約は自動的に取消され、別途通知致しません。デポジットお支払後は振込証明書をファックスするか、振込元口座の最後の5桁番号及びクレジットカードの発行銀行名を電話で通知願います。
★エキストラベッドは700元/一つのベッド料金が発生します。【朝食、温泉利用券、マットレス、布団、枕、ミネラルウォーター、サニタリー用品付き】エキストラベッドは和室がある客室タイプのみ受付可能です。
★規定の宿泊人数を超過した場合は1人あたり600元の別途料金が発生します。【朝食、温泉利用券、ミネラルウォーター、サニタリー用品付き】お子様は400元の別途料金が発生します。【朝食、温泉利用券、サニタリー用品付き】
★ホテルはワイヤレスインターネット接続サービスを提供しております。パソコンはお客様のご持参をお願いします。
★宿泊者は無料で館内の露天フロ・SPA区(熱水池・温水池・プール・児童滑り台・サウナ室)を使用することができます。水着及び帽子は持参願います。
★客室内の自費施設:スター風呂・ルームサービス・駅までの送迎サービスなどは個人の消費であり別途料金が発生します。
★宿泊者への無料施設:公衆温泉風呂、駐車場、脱水機、茶芸区(茶道具の持参願います)。
★電車でこられる方は玉里駅で下車し、タクシーに乗換えください。ホテルまでの料金は約250元です。又はホテルに迎えサービスを予約して下さい。料金は500元/車で
★館内施設及び提供備品に損害が発生したり、紛失した場合は定価で賠償を請求させて頂きます。
★館内はペット持込禁止とさせて頂いております。