Sightseeing

旅行情報

基隆市廟口夜市基隆嶼和平島浜海公園八斗子漁港と望幽谷慶安宮光華タワーは

台湾全土にその名を轟かせている基隆市廟口の「小吃」(B級グルメ)はすでに3、40年の歴史を有します。基隆市仁二路そばの奠済宮近くで、愛二路から愛三路にかけての仁三路には「小吃」の密集地として知られ、わずか300-400メートルの間に200近くの屋台が所狭しと並んでいます。この通りをぶらぶらしている間、口は片時も止まっていないです。超大食いと自負できない限り、基隆廟口の「小吃」を食べ尽くすことは難しいでしょう。このナイトマーケットに屋台を出している人々はオリジナルの味を追究し、自慢の腕を振るっています。ボリュームがあり値段も手頃で、見た目・口当たりもよく、毎晩のように多くの人が押しかけてくます。「鼎辺坐」(別名走坐)、天ぷら、「肉羹」、カキ入り卵焼き、「魯肉飯」などはご当地ならではの「小吃」です。シーフード、焼き鳥、フレッシュフルーツ、かき氷など、どれをとってもほっぺたが落ちるほどおいしいです。通りに沿って食べ歩いているだけで、台湾全土を回ったような気分にさせられる基隆廟口は、絶対にハマってしまう場所です。台湾の人だけでなく、外国人観光客もこれらごちそうにありつこうとわざわざやってくます。台湾ならではの「小吃」を食べたければ、基隆廟口は絶対に見逃せないポイントです。基隆廟口のナイトマーケットは午前2、3時まで営業している屋台も少なくないです。このほか、近くには日用品や格安な衣類などを売る露店もあります。ごちそうをたらふく食べられる以外に、ショッピングも楽しめるところです。

基隆嶼は基隆東北外海にあり、北部台湾のもっとも鮮明な島嶼の地標で、各国の船舶が基隆港に入港する場合の目標になっています。その優美な滑らかに隆起したラインの光景は基隆八景の一二数えられています。基隆嶼は美しい火山島のひとつであり、四囲は切り立った崖になっていて、平地はないです。島の山にはいくつの亭と遊歩道があり、訪ねた人たちは木の桟道を歩むことができます。各種の台湾の原生植物があり、春には野百合の花が美しいです。島内は気候の変化によっても、さまざまな美しい風景に満ちます。天気晴朗の時、朝夕の風景は神々しいです。夏期には碧砂漁港から観光船で、海からの基隆嶼を眺めることもできます。

『和平島』は基隆市の中正區の東北にあります。本来の名称は『社寮島』といい、北台灣で最も早期に西洋人が足を踏み入れた土地とされており、また基隆で最も早期に漢人が居住し開墾を始めた土地のひとつでもあります。島は和平橋で本島の基隆市とつながれています。和平島全島はもともとは『和平島本島』、『桶盤嶼』、『中山仔島』の三大部分からなっていましたが、百年近くの時間を経て、自然の土砂の累積と人工建設により、現在では三島嶼はすべてが陸続きとなり一体となっています。和平島の海岸は海蝕景観で有名で、海蝕崖、海蝕平台、海蝕溝や、最も有名な『豆腐岩』、『萬人堆』(蕈狀石)地形景観などがあります。

八斗子は和平島の東南側にある島です。発電所の建設によって半島状に形成され、有名な望幽谷と八斗子海浜公園地区となりました。八斗子漁港は民国64年(1975)に建設された台湾北部の最大の漁港で、飛び魚や丁香魚などの加工場もあります。望幽谷は八斗子と長潭里間のV型の谷、谷地は多くの緑の草にあふれ起伏が等しいです。近々八斗子漁港を望み、遠く基隆嶼を眺めると、しばし「忘憂の感」にひたます。岸に従って行くと、20メートルほどの海岸があり、海蝕された平面の岩は景観であり、貝を拾ったり、カニを捕るなどのおもしろさがあります。環山路を行って、小高い丘に登れば青い海と空がひろがます。夜ともなれば、漁火と高速道路の街灯、遠くは九分の町灯まで見えて素晴らしい夜景が眺められます。

慶安宮は媽祖廟とも言われ、乾隆四十五年に牛稠港に建設されました。基隆市忠二路の左側に位置し、基隆ではもっとも古いお寺の一つです。早期の基隆は中国大陸沿岸の商船が往来する出入りの港口でした。多くの住民がは漁業に従事してした為、お寺は「天上聖母」を祀り、平和と安全を祈っていました。後、基隆は海を埋め戻して土地を造り、現在の位置に引っ越されました。100年間の古いお寺は古色古香(こしょくここう)、お寺の中の龍の柱の彫刻は細かくきれいに仕上がっています。作法が渾厚(こんこう)なお寺の前の石獅、ブロックで築き上げられたお寺の壁、イタリアの石で築き

光華タワーは基隆港航運の指標であり、灯台も兼ねています。全国でひとつのコーヒーを飲める灯台であり、風光を楽しみ、家族、友人、恋人たちが睦み合う灯台カフェです。360度の景観を持つカフェからのアフタヌーンティーは、基隆港を忙しく往来する大きな船や、夜ともなれば基隆市全体を望む夜景が望めます。
  1